おすすめワイヤレスイヤホンは『SONY(ソニー) MDR-XB50BS』 バキバキの低音に耐えられるアンダー1万円の正解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

先日思わずツイートしたワイヤレスイヤホンに関して、一応サイトにも残しておこうと思います。

最近まとめ記事も作れてないので。

それまで手持ちのワイヤレスイヤホンは、Appleのairpodsでした。うどんを耳から出し、音漏れにビクつきながら虚無の表情で満員電車に乗る日々。今思うと、耳から出ていたのはうどんではなく、枯れた脳汁だったのかもしれません。


おすすめのワイヤレスイヤホンは『SONY(ソニー) MDR-XB50BS』

先般ツイートしたように、実際に買ったモノは『SONY MDR-XB50BS』というワイヤレスイヤホンです。


おすすめワイヤレスイヤホン『SONY MDR-XB50BS』1

↑買った時の箱

おすすめワイヤレスイヤホン『SONY MDR-XB50BS』2

↑箱開けたらこんな感じでワイヤレスイヤホン入ってます。

サイズは結構大きいので、ワイヤレスイヤホンとワイヤレスヘッドホンの中間的立ち位置の印象。公式サイトだと「ワイヤレスヘッドホン」、amazonの公式アカウントだと「ワイヤレスイヤホン」表記だし。でも、形状的にはイヤホンと思うので、ワイヤレスイヤホンとして売ってったほうが売れそうと思うな。

「低音ちゃんと出るワイヤレスイヤホン欲しい!」って言ってる消費者に、これ提案しても買うと思うし。BOSEのワイヤレスイヤホンもそこそこ大きいけど売れてるしね。そもそも、自分も、ワイヤレスイヤホンを色々見たうえで、最終的にこれ買ったのでズレはないかなと。というくらいに、ワイヤレスイヤホンで低音出て1万円切るモノは、見つけられませんでした。

めちゃくちゃ試聴しました

秋葉原にあるeイヤホンとアキバヨドバシに行って、数々のワイヤレスイヤホンを試聴した結果、たどり着いたのがこの『SONY MDR-XB50BS』というワイヤレスイヤホンでした。

これ以外でよかったのは、BOSEのワイヤレスイヤホン『Bose SoundSport wireless headphones』くらいでした。BOSEのは音も良いし見た目も良いんですが、値段が高いんですよね。2万円。イヤホンって普通に壊れるじゃないですか。毎日利用するし、バッグには雑にぶちこむし、ほぼ消費財的立ち位置に属していると思うんですよ。

そんなこんなで「もうワイヤレスイヤホンに音を求めるのはダメなのかなあ」と諦めかけていたところ、『SONY MDR-XB50BS』を見つけて試聴したわけです。見た目でかいし、左右繋がってるタイプのワイヤレスだし、なんかなーと思ってました。

でも、実際聴いてみたら、欲していた低音が出るんですよね。ついに正解を見つけちゃったなと。

ちなみに、ワイヤレスイヤホン試聴時は、すべてLADY’S ONLYの『digital tatoo』を流して、音の違いを確かめていました。信頼のベースミュージックです。ほとんどのワイヤレスイヤホンが、低音を感じられない中、このワイヤレスイヤホンは一味違いました。

『SONY MDR-XB50BS』のメリット

・低音がすごい
・連続再生時間が8.5時間と鬼
・防滴(特に試してない。雨くらいなら大丈夫ぽい)
・左右をつなぐ線が信頼を置ける強度(平打ち麺みたいなやつです)
・装着感良し。耳の中に引っ掛けるところがあります。大きいけど重さは感じない。
・低音がすごい
・耳元で再生停止音量操作可能
・安い(5500円くらい)

『SONY MDR-XB50BS』のデメリット

・でかい(ルパンレンジャーの国際警察が装着してるヘッドセットみたいになる)
・耳につけるラバー素材が繊細
・USB挿入口のカバー壊れそう

デメリットのレベル

デメリットがどの程度のデメリットなのか、補完できるレベルなのかは気になるところですよね。

でかい

・結局サイズは、音質とのトレードオフなので、しょうがないです。どっちを取るかです。映画等動画を観るのがメインの場合、また、高音メインの音楽ジャンルを聴く場合、これでなくても良いと思います。ただ、ゴリゴリの音楽ジャンルを聴くのがメインの場合、本質である音削って小型化成功したワイヤレスイヤホンを狙うのは違うかなと思います。音楽聴くなら黙って音良いの買えと。完全左右分離型ワイヤレスイヤホン買う方は、音の遅延も要注意です。動画見れなくなります。

耳につけるラバー素材が繊細

・耳につけるラバー素材が繊細に関しては、まだ繊細度は見えていません。どのくらいの耐久性か、使っていくうちに分かってくると思います。雑な使い方してると破れそうな繊細さは感じます。ただね、ただですよ。言ってもこれ5000円台ですからね。2回壊れて同じの買ってもまだBOSEのワイヤレスより安いですからね。BOSEのワイヤレスも、同じように耳装着部分はラバーでした。ラバー人間。これもあるので、ケースも同梱されてたら最高だったなと思いました。

USB挿入口のカバー壊れそう

・USBのカバーは、壊れて外れそうな予感がします。丁寧に扱う以外の対処法は無いです。丁寧な暮らしを心がけます。
ここのカバーが外れても普通に聴けるのですが、防滴機能が低下します。

買った後

買った後は、enduserの重めのブレイクコアでエージングを行いました。ブレイクコアとの相性も最高です。ベース強い曲聴きたくなりますね。最近、外ではずっとairpodsで、虚無の表情しながら音楽を聴いていましたので…久しぶりに音楽聴くのが楽しいです。でも、airpodsはairpodsで持っておこうかなと。良くも悪くも外の音聞えるし。シーンによっては、airpodsの方が良い時もあります。

※エージングとは
オーディオ機器の慣らし運転的なもんらしいです。絶対概念でしょ。

結論

SONY MDR-XB50BS』は、自分みたいな「ワイヤレスイヤホンなんかしっくりくるのないなー」「ワイヤレスイヤホンに期待するのはダメだったかなあ」て、人にはおすすめのワイヤレスイヤホンです。個人的には、マジで買って良かったです。装着部分のラバーやUSBカバーが壊れそうというリスクがありながらも、メリットがそれを大いに補完できるブツと考えています。やっぱ安いのは良いですよね。壊れても買えばいいし。

このレビューを見たうえで、実際にお店に行って試聴してみてから買うか決めても良いと思います。

あと、左右完全分離型ワイヤレスイヤホンは、良いのなかったです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*

関連記事

総合ランキング

音楽ランキング

音楽以外ランキング